委員会事業計画

クラブ管理運営委員会

副会長 割田 秀世

 クラブ管理運営を仰せつかりました。クラブの根幹を成す委員会を束ねる役を拝命し、身の引き締まる思いです。
 それぞれに、優秀な委員長がおられますので、全面的に協力していきたいと思います。また会員の皆様におかれましても一層のご協力をお願いしたいと思います。
 一年間宜しくお願い致します。
会員増強委員会 委員長 大磯 守昭

 今年度も、会員増強を2人か3人目標です。やるしかないでしょう。会員の皆さんの総力を挙げて達成したいので、ご協力の程宜しくお願いします。

出席・ニコニコボックス委員会 委員長 矢野  元

 今年度、委員長を仰せつかりました。例会へ大勢の方に出席していただき、ニコニコBOXにもご協力の程宜しくお願い致します。

プログラム委員会 委員長 田子 淳一

 今年度、プログラム委員会を担当することとなりました。
 クラブ例会においてのプログラムは、例会を充実させ、ロータリー会員各々が各自の向上と、ロータリークラブに対する思いを深められるようにすることが重要だと思います。各委員会の協力をいただきながら充実したプログラムの作成に努め、皆様とともに例会の充実をはかって参りますので、ご指導ご協力よろしくお願い致します。

親睦・家族委員会 委員長 竹内 信子
 「ロータリーの目的」を果たし継続していく私達にとって親睦委員会の役割は重く感じておりますが、計画は楽しくを目標に会員、ご家族にも多数ご参加いただけるよう企画して参ります。会員の皆様のいっそうのご協力をお願いいたします。
広報委員会 委員長 黒田  博

 昨年度より、ロータリーの「見える化」が、「ロータリーデー」として具体的に位置付けられました。地域にロータリーを広めるべく、塩ア会長はじめ会員の皆さんと協力して情報発信をして行きたいと思います。ご協力よろしくお願い致します。

奉仕プロジェクト委員会 副会長 廣田 光彦

 ロータリーの綱領のトップに「奉仕の機会として知り合いを広めること」とあります。
 ロータリーは地域社会において、奉仕を通じて人々の生活の質を向上させるよう努める責務があります。
 奉仕プロジェクト委員会の役割は、クラブの奉仕活動を主導し、地域社会の人々を援助する教育的、人道的、職業的プロジェクトの計画と実施を支援することです。
 当クラブでは「職業・社会・国際委員会」「青少年活動・インターアクト委員会」「ロータリー財団委員会」「米山奨学会委員会」の4つの委員会があります。各委員長・委員の皆様と協力し、クラブの年次目標の達成に向け活動してまいります。特に地域社会でのロータリークラブ認知度向上につながるようなプロジェクトを強化してまいりたいと思います。

職業・社会・国際委員会 委員長 片桐 明人
 ロータリアンは、職業奉仕が基本である。それは、日々に仕事の中で職業に誇りを持ち正直かつ品位のある方法でいろいろな取り組みすること。この行為を通じて社会に貢献しなければならない。
 本年度の国際ロータリーのテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。いろいろなネットワークを大切にして、さらに多くの人・地域のつながりを願って活動します。
 皆様のご協力をお願いします。
青少年奉仕委員会 委員長 山岸 重幸  

 国際ロータリークラブは、毎年、才能と熱意のある何千人という青少年や若者(12〜30歳)が、ロータリーの新世代プログラムを実施し、その体験をサポートしています。
 インターアクト委員会は、新世代プログラムの1つであり、ご存じのとおり、当委員会では、須坂創成高校インターアクト・クラブを支援し、同クラブとともにこれまで社会奉仕活動を実施してきました。
 今年度も、昨年にもまして一層、須坂創成高校インターアクト・クラブを支援し、一層充実して社会奉仕活動を展開していきたと思います。
 社会奉仕活動は、ロータリークラブの神髄であり、一人でも多くの会員に参加はいいただきたくお願い申し上げます。

ロータリー財団委員会 委員長 小田切綾子

ロータリー財団で行っている社会奉仕の主なものを以下に上げます。
ロータリー財団
 @年次基金への寄付        150ドル/会員
 Aポリオプラスへの寄付       30ドル/会員
 Bロータリー平和センターへの寄付   500円/会員
 Cロータリー財団高級基金への寄付 1000ドル/会員(任意)
〇基本的教育と識字率向上のための大口寄付推進委員会
 基本的教育と識字率向上の重点分野に対し、3〜5年で2500万ドルの寄付を集める活動を先導・調整します。
〇寄付推進委員会
 寄付推進のあらわる側面(戦略的方向性、方針、ガイドラインの作成や推奨なども含む)について管理委員会を援助し、助言を提供します。委員は寄付推進と財団への資金的支援を行います。
〇保健のための大口寄付推進計画委員会
 重点分野「疾病予防と治療」「母子の健康」のために現金と誓約を合わせて5000万ドルを募金するための取り組みを先導・調整します。
〇平和のための大口寄付推進委員会
 平和と紛争予防/紛争解決の重点分野ならびにロータリー平和センターのために、7500万ドルの寄付(現金と誓約を含む)を集める活動を先導・調整します。
〇プログラム委員会
 ロータリー財団プログラムに関する助言と評価を行います。
〇RI/USAID(米国開発庁)運営委員会
 ロータリーとUSAID(米国開発庁)とのパートナーシップを監督し、覚書に記載されている義務を実行します。
〇ロータリー平和センター委員会
 ロータリー平和フェローの選考を行い、ロータリー平和センターが設置されている大学とのリエゾン(連絡役)を務めます。
〇ロータリー平和センター・ホストエリアコーディネーター
 ホストロータリアン、ロータリー平和フェロー、ロータリー平和センターの間の主な連絡役を務めます。
 また、財団とともにロータリー平和センターの活動を推進します。
〇財団補助金専門家
 財団補助金の適切な管理を徹底させ、補助金プロジェクトの計画において専門知識を提供し、プロジェクトを計画・実施するロータリアンを援助します。
〇水と衛生のための大口寄付推進計画委員会
 「水と衛生」の重点分野のために3〜5年にわたり2500万ドルを集める取り組みを指揮し、調整に当たります。
〇学校における水と衛生委員会
 学校における水と衛生のターゲットチャレンジの試験的取り組みの実施を評価・指導します。
〇インターナショナル・ポリオプラス委員会
 地域および国際レベルのポリオプラス委員会を統括し、ポリオプラスのあらゆる側面の調整を図り、ポリオ撲滅を達成するための方針と戦略を作成します。
〇アフガニスタン・ポリオプラス委員会
 管理委員会が立てた方針と目標に沿って、アフガニスタンにおけるポリオ撲滅に向けたロータリー財団の活動を援助します。

米山奨学会委員会 委員長 竹本  斉
 2019〜2020年、米山記念奨学会委員長を担当させて頂きます竹本斉です、今年度どうぞよろしくお願い致します。
 長い歴史ある日本独特のプログラムの米山奨学会は戦後始まったと聞いておりますが、経験を踏まえたより好ましい時代構築の先駆けの一つかと思います。
 須坂ロータリークラブには「奉仕・寄付はさせてもらうものなのです」とおっしゃっる方がおり、この哲学が今のプログラム・組織を支えているかと思います。
 以前奨学生だっ方々も各国での主要ポストについていらっしゃる方も多くいらっしゃるとお聞きしますが、皆さんお元気でいらっしゃるのでしょうか、気になります。
 世界経済がアジアに集中する今、更なる活躍が楽しみな段階にきており、より明るい未来に期待するならばアジアの米山奨学生を大切に育みましょう。そして奨学生と須坂ロータリークラブが、双方向のチャンネルとして存在出来る様、もっと交流のチャンスを増やしましょう。今年一年、お世話になりますが、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。
 ■実施計画
  ・須坂ロータリークラブの実績把握
  ・須坂ロータリークラブで関わった奨学生の確認
  ・須坂ロータリークラブメンバーへの、例会時寄付参加のお願い。
SAA SAA 湯本 浩司
 SAAを仰せつかりました。「例会に出席して良かった。また来よう。」そして仕事の活力にもなるように務めたいと思います。皆様のご協力の程宜しくお願い致します。