委員会事業計画

クラブ管理運営委員会

副会長 藤沢 一三

 会員増強委員長兼務で、 クラブ管理運営委員会の副会長を務めさせて頂きます。
  コロナ禍で経験した事のない変化が起きている中で、大磯会長の方針にあるように、魅力あるロータリーにしていく為にはどうするか、各委員長さんと工夫、協力して運営していきますので、ご協力をお願いします。
会員増強委員会 委員長 藤沢 一三

 昨年に引き続き、会員増強委員長を仰せつかりました。
 ロータリークラブの会員数の維持増強は、永遠のテーマだと思います。特に経済人を中心に集う団体は、時代の流れや景気の動向に左右されることが多くあります。新型コロナウイルス感染症の影響で、業種によっては厳しい環境にありますが、一人がひとりに声を掛け、会員拡大増強をしましょう。 

出席・ニコニコボックス委員会 委員長 青木 邦伸

 昨年7月に入会させて頂き、日も浅く、よくわかっておりません。
 大変恐縮ではございますが、皆様のご指導・ご協力を頂きながら、精一杯務めて参りますので宜しくお願い致します。  

プログラム委員会 委員長 廣田 光彦

 今年度、プログラム委員長を仰せつかりました。
  会員各位のご協力をいただき有意義な卓話を計画してまいります。会長の方針に沿って、地域で活躍している皆様をできる限りお呼びして、お話を聞くチャンスを作り、更にはロータリーの仲間になってもらえるように努めてまいります。
 皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

親睦・家族委員会 委員長 中澤 尚文
 いつまで続くのか コロナウイルスは!! 
  早く終息してほしいものです。
  ロータリーの醍醐味は、異業種間の交流ですが、今後も「3密」を避けつつ、夜間例会・親睦旅行など工夫しながら計画していきたいと思います。
 さて本年度須坂ロータリークラブの親睦・家族委員会は、2021年度の国際ロータリーテーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をもとにした機会を作りたいと思います。
 そのため会員とご家族の皆様の親睦を深められるように、会長・幹事及び他の委員会の皆様と協力して楽しい事業を推進いたします。 
広報委員会 委員長 佐藤 潔英

 事業活動、例会等、行事・活動状況を会報を通して会員に発信してまいりたいと思います。皆様のご協力をいただきながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い いたします。 

奉仕プロジェクト委員会 副会長 宮本 仁夫

 今年度、大磯会長のもとで、奉仕プロジェクト委員会を担当させて戴きます。
 奉仕活動のそれぞれの委員長さんは、全員が再任ですので、大変心強くまたご期待申し上げます。山岸委員長さんと湯本委員長さんには、地区委員会の方へも出向していただいておりましてご苦労様です。
 一年間よろしくお願いいたします。 

職業・社会・国際委員会 委員長 永田 正幸
 新型コロナウイルスのまん延防止の出口が全く見えない状況が続いております。新会長から、昨年は大した活動をしなかったので今年も引き続き役職を務めるようにとの指示でありました。
 本年度も制約の多い中での活動を模索していくことになります。会員諸氏のご理解、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。 
青少年奉仕委員会 委員長 山岸 重幸  

 国際ロータリークラブは、毎年、才能と熱意のある何千人という青少年や若者(12〜30歳)が、ロータリーの新世代プログラムを実施し、その体験をサポートしています。
 インターアクト委員会は、新世代プログラムの1つであり、ご存じのとおり、当委員会では、須坂創成高校インターアクト・クラブを支援し、同クラブとともにこれまで社会奉仕活動を実施してきました。
 昨年来のコロナ禍により、必ずしも十分な活動ができているとは言い難い状況ですが、百々川河川敷清掃、年度末には3年生の卒業に合わせて、歓送会を実施しました。今年度も、須坂創成高校インターアクト・クラブを支援し、一層充実した社会奉仕活動を展開していきたいと思います。
 社会奉仕活動は、ロータリークラブの神髄であり、一人でも多くの会員に参加していただきたくお願い申し上げます。
 また、2600地区には、青少年向け補助金制度もありますので、この補助金もご活用いただきたくお願いいたします。  

ロータリー財団委員会 委員長 湯本 浩司

  引き続き、ロータリー財団委員長と地区ロータリー財団委員も仰せつかりました。
 昨年、地区補助金小委員会に参加させていただき、他クラブでの補助金事業について思うところはありますが、須坂ロータリークラブらしさを出せればと思います。
 自分の職業を通して社会に奉仕をし、その利益をまた還元する。今この時に行うのはなかなか難しい事ですが、皆様のご協力をいただきたく宜しくお願い致します。     

米山奨学会委員会 委員長 塩ア 貞夫
 昨年に引き続き、米山奨学会委員長を仰せつかりました。
 新型コロナウイルスの影響で、奨学生の往来も儘ならない中ではありますが、支援はコツコツと継続していって結果が伴いますので、是非皆さんのご協力をお願いしたい思います。
SAA SAA 西田 候哺
 活力ある例会にするためには、会員各位のご協力が大前提ですが、いまだ新型コロナの感染拡大で先が見えて来ません。三密を避け感染予防に気を使いながらの例会になると思います。
 今はガマンの時期です。終息の暁には以前にも増して元気な楽しい例会が出来ますように、会員全員で頑張りましょう。